【1/15】日本株相場予想

NO IMAGE

2021/1/15時点での、日経平均、マザーズ、ジャスダックの短期の動きについて考察しました。

日経225の考察

今週も日経平均は、三角持ち合いの中で動きました。日経平均はまだどちらに動くのかわからない状況ですね。

直近のローソク足だけ見ると、下のラインに支えられて下髭をついていることから、一時的に上がるのではないかと踏んでいます。

ただ、15日(土)時点でのダウ指数は、5日移動平均線を陰線をついて割っています。20日移動平均線も傾きが弱くなっており、下落トレンドがこれから始まりそうにも見えますね。

日経平均はアメリカの影響を強く受けるため、三角持ち合いの状態を下に突き抜け、下落トレンドに入る可能性もおおいにあります。

ただ、読みづらい相場のため、トレンドが見られるまで、下手に手を出さず、動きを観察していこうと思います。

マザーズの考察

続いてマザーズですが、5日くらい揉み合いが続いておりましたが、直近のローソク足で揉み合いを下抜けしています。

5日、20日移動平均線の傾きも強いことから、まだまだ下げ相場が続くと想定しています。

JASDAQの考察

JASDAQもマザーズと同じような動きをしていますね。この強い下落からすぐに反発して急上昇することはまずないと思われるので、マザース、ジャスダック銘柄で空売りを仕掛けるのが無難ではないかと思います。

来週購入銘柄

上記の地合いの考察から、来週僕が買う銘柄は、空売りで4385 メルカリです。

メルカリはマザーズ銘柄なのですが、他のマザーズ銘柄と比べてまだ下落幅が小さく、今後大きく下落した場合、利益をたくさん取ることができます。

また、メルカリのチャートでは5日、20日の下落の傾きは強く、直近の陰線は出来高が大きくまだまだ下落しそうです。

2021年の8月の直近安値も下回っているため、空売りを仕掛けるには絶好の銘柄と言えます。

来週の結果に期待しましょう!

投資カテゴリの最新記事